WORLD FRIENDS PROJECT

サッカーシューズから生まれる国境を超えたふれあい

『使わない靴=捨てる靴』が当たり前になっている日本の子どもたちのサッカーシューズや運動靴を靴を買えない途上国の子どもたちに届けています!

ワールドフレンズプロジェクトの目的

このプロジェクトでは、途上国に靴を届けますが、モノを寄付することが一番の目的ではありません。

靴を通して、全く違う環境にいる子どもたちの交流を図り、子どもたちの視野を広げるのが目的です。

それにより、感謝する気持ちや思いやりの気持ち、相互理解の大切さを身につける機会になればと考えています。

 

日本の子どもたちには…

●モノを大切にする気持ちを育て、ゴミ問題、環境問題を考えるきっかけにしてほしい。

●全く違う環境、文化の中で生きている子どもたちがいることを知る機会にしてほしい。

●自分たちがどれほど恵まれた環境でサッカーをしているか実感する機会にしてほしい。

●多国籍な世界の中で相互理解の精神で生きていくためのきっかけにしてほしい。

途上国の子どもたちには…

●靴を得ることが、夢に向かって努力するきっかけになってほしい。

●自分たちのことを気にかけくれる遠い国の友達の存在を知り、それを頑張る力にしてほしい。

●スポーツに打ち込む機会を提供することで、ドラッグやアルコールに走ることを防ぎたい。

●先進国と途上国の違いは何かを考えるきっかけにしてほしい。

寄附してくださった方々の思いを届けるために

レアーレワールドでは、皆さまからの思いがこもった靴を、本当に靴を必要としている子どもたちに、良い変化を起こせる形で届けたいと考えています。

そのため、届け方にもこだわっています。

1 : 自分たちの手で選別、パッキング

単にモノとしての靴を寄付するのではなく、寄付してくださった皆さまの気持ちも一緒に届けたいと私たちは考えています。

だからこそ、自分たちの手で送れる靴、送れない靴を選別し(残念ながら送料を使ってまで送れない靴もあります)、汚れている靴は手洗いし、ひとつひとつ大切にパッキングさせていただいています。

時間と手間はかかりますが、その分、責任を持ってちゃんと現地に届けようという気持ちになるからです。

 

2 : 自分たち自身が現地に出向く

私たちのプロジェクトは、パッキングした靴を郵送して終わりではありません。最後まで責任を果たす意味でも、靴を届けるために自分たちで現地まで出向いています。

そうすることで、改善点も見え、現地で本当に必要とされているものが理解できます。

 

3 : 現地のヒーローが現地の子供たちに靴を届ける

〜ヒーロープロジェクトとのコラボ

途上国には、たくさんの国々からたくさんの寄付が送られています。しかし、単にモノをばらまいたのでは、「外国人=金持ち=物をくれる人」というよくない価値観を植え付けてしまいます。

どんな渡し方をすれば、子どもたちに良い変化を起こせるだろうか?

そう考えて、たどり着いたのが、ワールドフレンズプロジェクトとヒーロープロジェクトのコラボレーションです。

現地に送られた靴は、子どもたちのヒーローである現地のプロサッカー選手たちの手で、彼らの故郷の子どもたちに届けられます。

 

4 : 靴以上のものを届けたいから

子どもたちにとって憧れの存在であるヒーローたちが、靴を届けるだけでなく、その流れのなかで一緒にサッカーをし、考え方をシェアすることで、自然に理想的なペイフォーワードの形をつくっていけます。

子どもたちが、自国のヒーローを尊敬し、彼らの言葉に耳を傾け、彼らのようになりたいと努力する流れができれば、きっと彼らの未来は変わっていくはずです。

私たちが届けるのは靴ですが、子どもたちには、靴以上のものを受けとってほしいと願っています。

ご提供いただきたいのは、こんなサッカーシューズや運動靴です

どんなサッカーシューズを送ればいいの?という声をよくいただきます。

サイズが合わない、足にフィットしないなどの理由でほぼ新品に近いままのものがあれば大変ありがたいです。使用したシューズであっても以下の条件をクリアしているものであれば、ありがたく使わせていただきます!

●あらゆるサイズのシューズを受け付けています。

●まだ十分使用できるものであること(破れている、交換が必要なくらいソールがすり減っているものは申し訳ありませんがNGです)

●基準は『ギフトとしてもらって嬉しいかどうか』です。

●使用済みのものは洗ってから送っていただけると大変助かります。

 

 

 

 

送れない靴のイメージ

レアーレワールドの活動は、みなさまのご支援で成り立っています。

みなさまのご理解とご協力に感謝します!

※送る国によっても変わってきますが、靴を送るには1足あたり500円前後の送料が発生します。また途上国では中古であっても、ギフトであっても、海外から送られたものを受け取るために関税の支払いが必要になることが多々あります。

しかも、現地で安価な運動靴が購入できるという環境にあります。

これらのことを考慮して、送料と関税を払ってでも送る価値のある靴のみお送りすることになります。

 

参加したい方、協力したい方、事務局までご連絡ください!

靴を集めるところから、それを途上国まで送り届けるまで、このプロジェクトを行うためには、多くの皆さまのご協力が必要になってきます。

靴の寄付だけでなく、靴を途上国に運ぶための送料も必要です。

参加したい方、協力したい方、コラボしたい方は、事務局までご連絡ください。

©2016 All Rights Reserved. NPO REALE WORLD.